結婚ビザ 配偶者ビザと在留資格認定証明書交付申請

在留資格認定証明書交付申請

在留資格認定証明書交付申請とは

結婚ビザや配偶者ビザと呼ばれている日本人の配偶者等の在留資格を取得するための1つとして、在留資格認定証明書交付申請があります。

この申請は、『日本人が外国人と結婚したけど、その外国人は今は外国に住んでいるので、日本に呼んで一緒に生活したい』というような場合に申請する方法です。

この申請の場合は、基本的には申請人である外国人配偶者は日本にはいないので、申請人の代わりとなって、日本に居住する本人の親族、行政書士などが申請人に代わって申請することになります。

この在留資格認定証明書交付申請の申請場所は、申請人が居住する予定の住所地を管轄している入国管理局になります。

例えば、東京都八王子市に住んでいる場合は、東京入国管理局および東京入国管理局立川出張所となります。

書類に関しての情報は、法務局のホームページや入国管理局などで最低限の必要書類がわかります。

しかし、ここで最低限の必要書類と述べているように、例えば、「過去に外国人と離婚したことがある」「日本人配偶者が税金を滞納している」など、個々の事情により異なることに注意してください。

申請から来日するまで

国際結婚をして外国人配偶者を日本に呼び寄せるまでの大まかな流れは以下のようになっております。

①入国管理局で在留資格認定証明書交付申請をする

②おおよそ、1ヶ月~3ヶ月で交付・不交付の結果が出ます。

③在留資格認定証明書が交付された場合は、これを外国人配偶者に送付します。

④外国人配偶者は送付された書類とパスポートなどを持って、日本大使館や代理店などに申請をします。

⑤日本大使館などで査証をもらったら、後日、日本に上陸する。

⑥日本での生活がスタートです。専業主婦、就労の活動、旅行など、やりたいことをして日本の生活を楽しんでください。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする