結婚ビザ 配偶者ビザを更新するための必要書類

更新するための必要書類

日本で在留資格を取得して生活している外国人は、永住者の在留資格を取得している外国人を除いて、入国管理局で在留資格の更新の申請をしなければなりません。

当然のことながら結婚ビザ 配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)も例外ではなく、在留期間更新許可申請をして在留資格を更新しなければなりません。

結婚ビザ 配偶者ビザの更新の申請をするための最低限の書類は以下となります。

なお、これは最低限の書類であり、個々の事情によって追加で書類を提出しないと不許可になることがあるので注意が必要です。

更新の書類

1 在留期間更新許可申請書 1通

2 写真(縦4cm×横3cm) 1

※申請前3か月以内に正面から撮影された無帽、無背景で鮮明なもの。

3 配偶者(日本人)の方の戸籍謄本 1通
※申請人との婚姻事実の記載があるもの。
※発行日から3か月以内のもの。

4 配偶者(日本人)の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通

※1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば、いずれか一方で大丈夫です。

※発行日から3か月以内のもの。

5 配偶者(日本人)の方の身元保証書[PDF] 1通

※身元保証人には日本に居住する配偶者(日本人)の方がなります。

6 配偶者(日本人)の住民票(世帯全員の記載のあるもの) 1通

※発効日から3か月以内。

7 パスポート 提示

8 在留カード又は在留カードとみなされる外国人登録証明書 提示

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする