結婚ビザ 配偶者ビザと在留期間更新許可申請

在留期間更新許可申請

在留期間更新許可申請とは

結婚ビザ・配偶者ビザと呼ばれてる日本人の配偶者等の在留資格には在留期間があります。

この在留期間には「6ヶ月・1年・3年・5年」があるのですが、いずれにしても永年という在留期間はないので、在留期間満了日までに更新をしなければオーバーステイとなってしまいます。

この更新を行うための申請が在留期間更新許可申請となります。

もし、在留期間がわからないときは、在留カードの表面の中ほどに書かれているので、そこをみればわかります。

申請は、6ヶ月以上の在留期間がある場合は在留期間の満了するおおむね3ヶ月前からできます。

ただし、入院や長期の出張等の特別な事情が入国管理局で認められる場合は、3ヶ月以上前から申請を受け付けることもあります。

在留期間更新許可申請の必要書類については、在留資格認定証明書交付申請や在留資格変更許可申請のように、必要書類は多くありません。

ただし、それは以前の申請をしたときから特にご事情が変更していない場合です。

例えば、「今は仕事の関係で単身赴任しているので夫婦別々に生活している」「現在、仕事を辞めて無職になっている」など、依然とは事情が変更しているときは更新が不許可になる可能性があるので、追加で書類を作成・収集して提出する必要があります。

申請後は、おおよそ2週間~1か月で結果がわかります。

許可されたときはハガキが届きますので、このハガキや在留カードなどを持って、申請した入国管理局で手続きを行うことになります。

不許可になったときは電話や通知などがあるので、入国管理局で不許可理由を聞きましょう。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする