結婚ビザ 配偶者ビザと在留資格変更許可申請

在留資格変更許可申請

在留資格変更許可申請とは

在留資格変更許可申請とは、日本に上陸している外国人が、現在持っている在留資格から結婚ビザ・配偶者ビザと呼ばれている日本人の配偶者等の在留資格に変更するための申請です。

例えば、「留学の在留資格で来日していた外国人が日本人と知り合って国際結婚をした」「短期滞在の在留資格で婚約者が来日している」などの理由で在留資格の変更を行います。

この在留資格変更許可申請の申請場所は、申請人が住んでいる住所地を管轄している入国管理局になり、申請手続きをするのは、外国人配偶者だけでなく行政書士などの第三者でも可能です。

この申請で必要となる書類ですが、この情報は法務局のホームページや入国管理局などで最低限の必要書類がわかります。

そこには、戸籍謄本、住民票、質問書(PDF)、身元保証書、結婚証明書など、必要書類について書かれていますが、あくまでこれは最低限の書類です。

「外国人配偶者が過去にオーバーステイをしたことがある」「一度申請したが不許可になった」「夫婦ともに無職」などの個々の事情により、必要書類は変わることにご注意してください。

入国管理局での審査結果は、おおよそ2週間~1ヶ月とされており、許可された場合は申請したときに書いたハガキが送付されます。

ハガキ、手数料、在留カードなどを持って、申請した入国管理局に行って在留資格を変更しましょう。

不許可になった場合は入国管理局から電話や通知などがあり、入国管理局に行くことになります。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする