結婚ビザ 配偶者ビザの要件など

結婚ビザ 配偶者ビザの要件

結婚ビザ 配偶者ビザの要件

結婚ビザ 配偶者ビザと呼ばれている日本人の配偶者の在留資格の取得要件は「法的に結婚をしており、それが真実の愛に基づくもの」であることです。

ただし、入国管理局で許可されるためにはこれだけでは足りません。

「外国人と結婚したから在留資格をください」と言っても、入国管理局では「はい、わかりました」と在留資格をくれません。

日本人と結婚した外国人なら誰でも結婚ビザ 配偶者ビザを許可していたら、日本国に不利益を与えることがあるためです。

そのため、結婚していること以外にも、主に以下のようなことがある場合には注意が必要です。

もし該当するようなことがあれば、申請するときに必要最低限の書類に加えて、何かしらの書類を作成・収集することをおすすめします。

◆年収が少ない

年収が少ない場合、入国管理局からしてみれば「日本で生活できるの?」と疑問に思われます。

無職の場合はなおさらです。

これだけあれば問題はないという金額は決まっていませんが、おおよそ月20万円の稼ぎはあったほうがよいです。

もし、これ以下の場合には、日本で生活できることを書類により説明したほうがよいです。

◆税金を滞納している

たまに日本人配偶者が税金の滞納をしているときがありますが、このような場合は速やかに納税することをおすすめします。

もし、納税できない理由がある場合はその理由をしっかりと入国管理局に説明してください。

ガイドラインでも「納税義務を履行していること」は、許可・不許可の判断材料として考慮されるとしています。

◆同居していない

「夫婦は原則としていっしょに生活して苦楽を共にするもの」と考えられています。

日本の民法でも「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」と規定されています。

単身赴任や長期入院など、何かしらの理由により別居しているときは、書類により主張・立証しておくべきです。

◆偽装結婚と思われる理由がある

世の中では、「日本に来て働きたい」と思っている外国人が偽装結婚をしています。

偽装結婚に関することは結婚ビザ 配偶者ビザと偽装結婚をご覧ください。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする