離婚後の結婚ビザ 配偶者ビザの取得

離婚したときは入国管理局に届出をする

結婚ビザや配偶者ビザである日本人の配偶者等の在留資格を取得して日本で生活していた外国人が離婚した場合、届出を行わなければなりません。

実際は届出を知らずに怠っている外国人の方もいますが、知らなかったからといって入国管理局は「それじゃあしょうがないですね」と言って許してはくれません。

結婚ビザ 配偶者ビザを取得していた外国人が離婚した場合、離婚した日から14日以内に入国管理局にその旨を届出なければなりません。

これを怠ると、何かしらの在留資格に変更したり、誰かと再婚して結婚ビザ 配偶者ビザを更新する場合には、届出を怠っていると不利益を被る可能性があります。

さらに、日本人配偶者としての活動を継続して6ヶ月以上行っていない場合には、結婚ビザ 配偶者ビザは取消しの対象となります。

当然、離婚している場合は、日本人配偶者ではないので、結婚ビザ 配偶者ビザの取り消しの対象となります。

万が一、離婚した後に日本人と再婚した場合には、結婚ビザ 配偶者ビザの更新になるのですが、この申請では一般の更新手続きではなく、在留資格認定証明書や在留資格変更許可申請と同じような書類が必要になります。

さらに、日本では「女性は離婚後6ヶ月間再婚できない」という法律上の規定があり、これは外国人配偶者にも適用されます。

この法律との兼ね合いもあるため、離婚後も再婚して結婚ビザ 配偶者ビザの取得をしたい場合は届出のことも踏まえて注意が必要です。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする