結婚ビザ 配偶者ビザの取得で上陸拒否事由に該当していた

過去に犯罪を犯している場合は気を付けて

日本では入管法に、外国人の日本への上陸を拒否する場合が規定されています。

結婚ビザ 配偶者ビザ(日本人の配偶者等)を取得しようとする場合、結婚した外国人が過去にオーバーステイなどにより退去強制されたということがあります。

そうすると、日本に上陸できない一定の期間があるため、たとえ結婚したとしても在留資格認定証明書交付申請を申請しても結婚ビザ 配偶者ビザは不交付となります。

上陸拒否事由により、退去強制された場合、原則として退去された日から5年間は日本に上陸することはできません。

さらに、過去に退去強制や出国命令制度により出国したことがある場合は、原則として退去された日から10年間は日本に上陸することはできません。

出国命令制度を利用して自ら出頭して本国に帰った外国人は、出国した日から1年が経過すれば日本に上陸できます。

その他に知っておいたほうがよい上陸拒否事由としては、「政治犯罪以外で、一年以上の懲役若しくは禁錮された者は原則として一生日本に上陸することができない」ということです。

また、「売春に直接関与していた者」も一生日本に上陸することはできません。

ここで「原則として」と書いているのは、上陸特別許可を求めれば規定されている期間よりも早く日本に上陸できる可能性があるためです。

特に一生日本に上陸することができない場合は、上陸特別許可を求めるしかありません。

これら以外にも上陸拒否事由はあるので、もし犯罪を犯している場合は注意が必要です。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする