結婚ビザ 配偶者ビザを取得するための国際結婚の手続き

結婚証明書にサインする

国際結婚するための手続き

外国人配偶者が日本で生活するために結婚ビザ(配偶者ビザ)を取得するためには、まずは国際結婚をしなければなりません。

日本人同士の結婚なら市町村役場ですぐに結婚できますが、日本人と外国人の国際結婚となると簡単には行かずに、時間と手間が掛かります。

なぜ時間と手間が掛かるかというと、配偶者の国から書類を取り寄せたり、国によっては結婚式を挙げないと婚姻が認められないなどの理由があるためです。

婚姻届は日本と外国の2国間でおこなう

国際結婚の場合、日本と外国の2国で行わなければなりません。

結婚ビザや配偶者ビザと呼ばれている日本人の配偶者等の在留資格を取得するためには、外国で結婚した証明として結婚証明書等、日本で結婚したことを証明するために、婚姻が記載された戸籍謄本が必要だからです。

婚姻届には「創造的届出」と「報告的届出」があります。

創造的届出とは最初に婚姻届を行う国でする手続きのことで、報告的届出とはもう一方の配偶者の国で行うことです。

創造的届出と報告的届出では、同じ婚姻届ですが、書類が異なる可能性が高いのでしっかりと大使館や市役所などで確認してください。

結婚するための条件

結婚をするためには、結婚するための条件があります。

例えば日本の場合、「男は満18歳、女は満16歳以上でないと婚姻できない」「直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない」などです。

当然、外国にも法律があり、そこには日本のように結婚するための条件があります。

国際結婚をする場合は、日本の法律と外国の法律が関係してくるので、結婚の条件を確認する必要があります。

こうして両方の法律を見て、一方の本人だけが自分の国の条件を満たしていればよいという「一方的要件」と、本人だけでなく、配偶者も自分の国の条件を満たしていなければならないという「双方的要件」をすべて満たした場合に結婚することができるのです。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする