逮捕歴がある外国人の結婚ビザ 配偶者ビザ

上陸特別許可

結婚した外国人は過去に逮捕されたことがあった

「外国人と知り合い結婚したら、その人には過去に逮捕歴があり日本に呼べない!」ということはありませんか?

誰でもこのようなことがあるわけではありませんが、実際にはこのような日本人はいます。

入管法によれば、「懲役・禁錮刑判決確定から5年経過していない者」は日本に上陸できないとされています。

さらに、「1年以上の懲役・禁錮等刑に処せられたことのある者」は、一生日本に上陸できないとされています。

「それじゃあ、外国人配偶者と一生日本で生活できなかったら私が外国で一生住むしかない?」とお嘆きになるかもしれませんが、決してそうなるわけではありません。

入管法には「その他法務大臣が特別に上陸を許可すべき事情があると認めるとき」という規定があり、この場合は特別に日本に上陸することが認められるのです。

これを「上陸特別許可」といいます。

上陸特別許可が認められるには

この上陸特別許可は特別に認められるものなので、簡単には認められません。

個々の事情により異なりますが、主な要件としては以下のようなことが考えられます。

特に実子がいる場合は要件が緩和される可能性があります。

  1. 婚姻の実態があり、入国管理局に在留資格認定証明書の申請をするときに婚姻期間が1年以上あること。
  2. 入国管理局に在留資格認定証明書の申請をするときに、退去強制後2年以上以上経過していること。
  3. 執行猶予付き有罪判決を受けた後に退去強制された場合、入国管理局に在留資格認定証明書の申請をするときにおおむね執行猶予期間が経過していること。

そして、これらを踏まえて、これらの内容を証明するために、しっかりとした書類の作成・収集が必要になります。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする