無職または収入が少ないけど結婚ビザ 配偶者ビザは取得できるか?

収入

収入が少ないと危険です

私は「外国人と結婚したから申請したら不許可になった」とご相談されることがあります。

結婚ビザ 配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)は、結婚したら必ず取得できるものではなく、いくつかの要件をクリアーしなければなりません。

その一つに「生活の安定性」があるのですが、夫婦の収入が少ない場合や無職の場合は結婚ビザ 配偶者ビザが不許可になる可能性があります。

なぜかというと、夫婦で安定した生活をしていくのであれば、収入は大切な要素であり、この収入が少なく日本で安定した生活ができないのであれば、結婚ビザ 配偶者ビザを許可しても意味がないことだからです。

だから、収入が少ない場合、入国管理局としては「日本で生活することができるの?」と疑問を持たざるを得ません。

どうやって日本で生活できることを証明するのか?

収入が少ない場合や無職の場合には、何かしらの方法で日本で生活していけることを入国管理局に説明するために書類の作成と収集を行わなければなりません。

以下が該当するかどうかは個々のご事情により異なりますが、ご参考にしてください。

  • 日本人配偶者が今は仕事がないが就職先が決まっているのであれば、雇用契約書や事情説明書などを作成して生活に問題がないことを立証する。
  • 外国人配偶者が来日したら働くところを決めておき、日本人配偶者の収入をカバーすることを雇用契約書や事情説明書などで説明する(この場合は外国人が働くための偽装結婚と勘違いされないように注意してください)。
  • 無職だが仕事が見つかるまでの生活費を預貯金の残高証明書や不動産の登記事項証明書などで証明する。
  • 親族に当面の間、金銭の援助をしてもらうのであれば、援助してもらう人の課税証明書、納税証明書などにより、援助できる経済力があることを証明する。
  • 実家にお世話になる場合は、実家の登記事項証明書や賃貸借契約書、預貯金の残高証明書などを用意する。

以上がおおまかですが、収入が少ない場合や無職の場合の証明方法となります。

いずれにしても、まずは一度冷静になって、これから日本で生活するための金銭はどのように賄っていくか考えてみることが大切です。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする