オーバーステイをして強制送還された外国人が結婚ビザ 配偶者ビザを取得

オーバーステイが過去にあっても結婚ビザ 配偶者ビザは取得できます

「結婚相手が過去にオーバーステイしていたらしいのですが、配偶者ビザは取れますか?」

先日、このようなご相談がありました。

オーバーステイをしている場合、上陸拒否期間に該当する可能性があり、該当しているのであれば原則として日本に上陸することはできません。

入管法には、退去強制(強制送還)された者は、退去強制処分を受けて退去した日から5年を経過していない場合は日本に上陸できないと規定されています。

さらに、過去に退去強制処分を受けたことがある場合(いわゆるリピーターです)または出国命令制度により母国に帰国したことがある場合には、退去強制処分を受けて退去した日から10年間日本に上陸できないとも規定しています。

ここで出国命令制度という言葉が出てきましたが、この制度は「オーバーステイしている外国人が帰国を希望して自主出頭した一定の要件を満たす外国人」は出国してから1年間は日本に上陸できないという制度です。

つまり、①オーバーステイで出国命令制度の場合は1年、②オーバーステイで初回の退去強制なら5年、③オーバーステイで再犯の場合は10年となります。

これらの期間は原則として日本に上陸できないので、結婚ビザ 配偶者ビザを取得することはできません。

しかし、日本人と結婚した外国人なら上陸特別許可を求めれば取得できる可能性もあります。

これが認められれば、上陸拒否期間を待たずに外国人配偶者と日本で生活できますが、これは特別に認められる方法なので、簡単なことではありません。

いずれにしても、外国人配偶者が過去にオーバーステイをしている場合は、専門家にご相談することをおすすめします。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする