難民申請による偽装難民の強化

飛行機

偽装難民のための対策

飛行機これまでは難民認定を申請して6ヶ月を経過すれば基本的に「特定活動のビザ」が与えられて、そのあとは日本で働くことができました。

そのため、これに目を付け外国人が、働いてお金を稼ぎたいために「本来は難民ではないのに難民認定を申請する」という偽装難民が横行していました。

このようなことを回避するため、入国管理局は、偽装難民である可能性が高い「技能実習のビザ」「留学のビザ」を持っている外国人については、難民認定の申請をしたとしても、特定活動のビザへの変更は認めないようにする予定です。

そのため、たとえ難民認定を申請していても、現在持っているビザの在留期間満了日を経過すればオーバーステイをしたとして強制収容されることになります。

ただし、個々の事情については考慮されるそうです。

なお、観光や親族訪問等で来日するための「短期滞在のビザ」は対象外になっているので、今後はこちらルートの偽装難民が増加しなければよいのですが・・・

難民認定の申請は急速に増加しており、偽装難民が大きな原因となっています。

本当に困っている難民の外国人の審査が当然遅れてしまうので、そのことを考えると、偽装難民は根絶したほうがよいと思います。

一方で、将来の日本は人手不足になると予想されているうえに、現在でも人手不足となっている仕事はたくさんあるので、「うまい具合に外国人も働ける環境を作ったほうがよいのでは?」と感じてしまいます。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする