日本に再入国するための手続き

再入国

1年以内に来日するならみなし再入国許可を活用

昔は、一時的に日本を出国して帰ってくるためには再入国許可を取得しなければなりませんでした。

しかし、現在は「みなし再入国許可」というものがあり、日本を出国してから1年以内(特別永住者は2年以内)に日本に帰ってくるのであれば、再入国許可の手続きは不要になりました。

ただし、観光や親族訪問などの目的で短期滞在ビザを取得して日本に来ている人はこの制度は使えないので注意ください。

一度出国してしまうと、再度短期滞在ビザを取得しなければなりません。

みなし再入国許可をするためには

再入国許可みなし再入国許可をするための手続きは特に必要ありません。

この手続きは入国管理局に行く必要もなく、空港で行ないます。再入国出国記録の用紙に「みなし再入国許可による出国を希望します。」という欄があるので、そこにチェックをすれば終了です。

手数料も無料です。

1年以上(特別永住者は2年以上)日本から出国しない場合にはみなし再入国許可が便利です。

ただし、みなし再入国許可の場合、延長することができません。

何かしらの事情により1年以内に帰ってくることができないとしても延長ができないので、ビザを再取得しないと日本に来ることはできません。

それと、たとえみなし再入国許可を活用して適法に出国したとしても、現在持っている在留資格の在留期間満了日を超えて出国することはできません。

日本から出国して1年以内に帰って来ようとしたら、「在留資格満了日が過ぎていたので空港で入国を拒否された」ということがないようにご注意ください。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする