離婚したあとの配偶者ビザの取り消し

ビザ

離婚したらすぐに配偶者ビザが取り消されるわけではありません

ビザたまに聞かれることがあることの一つとして「離婚したらすぐにビザは取り消されるのですか?」と聞かれることがあります。

結論から言うと、離婚したからといって、いきなり配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)が取り消されることがありません。

まず、入管法には、「日本人と離婚した外国人で、この外国人が配偶者ビザを取得している場合には、離婚した日から14日以内に、入国管理局に離婚したことを届け出なければならない」と規定されています。

さらに、入管法には、「配偶者ビザを取得している外国人が配偶者としての活動を6ヶ月以上行わない場合、配偶者ビザを取り消すことができる」としています。

つまり、離婚したら当然のことながら配偶者としての活動は不可能なので、6ヶ月後には配偶者ビザが取り消される可能性があります。

しかし、必ず取り消されるとは限りません。

入国管理局が取り消す場合には、いきなり書面が送られてきて取り消されることはなく、入国管理局でインタビューした後に取り消すか取り消さないかが決定されます。

このときに「正当な理由」があれば取り消されることはありません。

この「正当な理由」については、入国管理局で個別具体的に検討されるので何とも言えません。

個人的には、離婚した場合の正当な理由とは、「再婚した場合」「入院して意識不明」などがあり得ると考えられます。

いずれにしても離婚する場合には、外国人にはビザの問題があるので、日本で生活するなら「定住者ビザ」や「技術・人文知識・国際業務ビザ」など、他のビザに変更できるのかを検討したほうがよいです。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする