配偶者ビザへビザ変更するための一般的な書類

配偶者ビザの書類

これらの書類は原則として必要です

配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)を入国管理局に申請するためには、いくつかの書類が必要です。

原則として必要な書類は以下の通りです(在留資格変更許可申請の場合)。

1 在留資格変更許可申請書 1通

2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉
※ 履歴書用の写真のような写真です

3 日本人配偶者の戸籍謄本 1通
※ 申請人との婚姻事実の記載があるもの。

4 外国人配偶者の国の機関から発行された結婚証明書 1通

5 日本人配偶者の住民税の課税(又は非課税)証明書 1通

※日本人配偶者が申請人に扶養を受けている場合は申請人のもの

6 日本人配偶者の住民税の納税証明書 1通

※日本人配偶者が申請人に扶養を受けている場合は申請人のもの

7 日本人配偶者の身元保証書 1通

8 日本人配偶者のの住民票 1通

※マイナンバー以外の世帯全員の記載のあるもの

9 質問書 1通

10 スナップ写真 2~3葉

11 パスポート 提示

12 在留カード 提示

以上が、原則として必要な書類ですが、私はこれらの書類だけで申請したことは一度もありません。

なぜかというと「申請人にビザを与えても問題がない」と入国管理局に理解してもらうには、これだけでは足りないからです。

とくにビザの申請で注意することに該当する場合には注意が必要です。

「申請人にビザを与えても問題がない」と説明する責任があるのは入国管理局ではなく申請人側にあります。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする