親を日本に呼ぶための老親ビザと呼ばれる特定活動のビザとは

老親ビザ

外国人が自分の親と一緒に日本で生活するためには

日本で長期間生活するために特定の外国人以外はビザ(在留資格)が必要ですが、外国人が親と一緒に生活するためには、どのようなビザが取得できるのでしょうか。

親が働くために日本に来るのであれば、ビザの要件が該当する就労系のビザを取得することになります。

日本人や永住者と結婚したり、親が日系人など、身分に関することなら身分系のビザを取得することになります。

しかし、これらの要件に該当する人は稀です。

では、外国人が自分の親と日本で生活するためのビザはないのでしょうか?

答えは「あります」。

特定活動のビザです。

特定活動のビザとは

特定活動のビザには、「こんな人は特定活動を取得できます」告示されている場合と、告示外の「特別な理由があるのでビザを認めますよ」という場合があります。

特定活動で親といっしょに日本で生活する以下の2通りがあります。

1、高度専門職のビザを持つ子どもが一定の理由のため親と生活する。

一定の理由とは、「同居する高度専門職外国人やその配偶者の7歳未満の子を3か月以上継続して養育する予定」または「高度専門職外国人の妊娠中の配偶者や妊娠中の当該高度専門職外国人に対して、介助や家事その他の必要な支援を3か月以上継続して行う予定」となります。

2、告示外の特定活動として親の面倒を見る

指定書こちらの場合は告示外の特定活動なので特別な場合に許可してもらう場合です。

当然のことながら特別な場合なので簡単に特定活動のビザを取得することはできません。

主な要件は以下となります。

1、親の年齢がおおよそ70歳前後であること。

2、親が本国で生活できない理由がある。

3、日本で生活している外国人が親の面倒を見なければならない理由がある。

4、日本で生活している子ども以外に親の面倒を見れる人がいない。

5、日本で親の面倒を見る収入がある。

6、子どもの日本での生活が良好

配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)や永住者ビザを持っている外国人からご相談をお受けしますが、このビザは本当に特別な場合のビザなので、簡単に取得できるものではありません。本気で考えている場合はどなたかにご相談したほうがよいと思います。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする