配偶者ビザを取得するための収入について

money2

原則として日本で生活する収入は必要です

配偶者ビザを取得する場合、入国管理局では「夫婦の収入」は必ず審査されます。

なぜなら、財産が1億円とか、当分の間仕事がなくても困らないような場合は別として、生活するためには収入が必要不可欠だからです。

私のご相談者の中には無収入の夫婦もいますが、現実問題として「配偶者ビザのこともありますが、無収入でどうやって生活していくつもりですか?」とお聞きすることがあります。

すると、「生活保護をいっしょに受けようと思っています」「なんとかなると思っています」などの返答をされることがあります。

入国管理局からしてみると、こういうのがまさに不許可にしたい理由で、日本国が面倒を見るようなことになると困るから収入を審査するのです。

では、収入がどれくらいあればよいのかというと、家族構成にもよりますが、夫婦二人の場合でしたら18万円くらいあれば許可され得ます。夫婦及び子ども一人では21万円くらいあれば問題ないと思われます。

無収入の場合はどうなるのか?

では、夫が解雇されて無収入になっているなど、何かしらの理由により無収入の場合はどうなるのでしょうか?

結論から言うと、必ず夫婦で収入がなければ配偶者ビザが取得できないかというとそうとは限りません。

「日本国に迷惑を掛けないように日本で生活ができること」を証明すれば、たとえ夫婦で無収入でも配偶者ビザは許可されます。

ただし、ずーっと無収入が続いている場合には、配偶者ビザの在留資格更新許可申請が不許可になってしまう可能性があることにご留意ください。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする