日本人と離婚した場合には原則として配偶者ビザは更新できません

配偶者ビザ 結婚ビザは更新できません

たまに相談で「今度、夫と離婚しようと思っているのですが、配偶者ビザは更新できますか?」と聞かれることがあります。

配偶者ビザは「日本人と結婚している人に与えられるビザ」なので、離婚したらビザの更新はできません。

何度か「私の友だちは更新できている」と言う方にもお会いしたことがありますが、そんなことは絶対にありえません。

日本人配偶者と離婚したら100%ビザの更新はできません。

離婚後どうするのか?

日本人配偶者と離婚すると、①本国に帰る、②日本に残る、という選択になります。

①の場合は在留期間が満了する前に本国に帰ればいいのですが、1日でも滞在期間が経過するとオーバーステイになるので気を付けてください。

②の場合、今のままではビザの更新をすることができないので、日本に滞在するためには、ビザを変更するかビザを更新(他の日本人配偶者と結婚したら場合)することになります。

考えられるのは、大きく分けると①就労系のビザを取得する、②誰かと婚姻する、ということになります。

①の場合、仕事先がありビザの要件にあっているのであれば変更することになります。

基本的に取得できる可能性があるのは、「経営・管理」「技能」「技術・人文知識・国際業務」などが考えられます。

②の場合は、自分だけではどうすることもできないことです。他人とビザのために結婚することは俗に言う「偽装結婚」で犯罪です。

もし、誰かと結婚する予定があるのであれば、「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「家族滞在」などのビザが考えられます。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする