日本人と結婚するときは待婚期間に注意しなければなりません

待婚期間が経過しないと配偶者ビザが取得できない

以前、「日本人男性と離婚したあとに日本人男性とすぐに結婚したいけど、どうやったら離婚できるのか?」と外国人女性に質問されたことがありました。

わたしは、「離婚以前にすぐに日本人男性と結婚は必ずしもできませんよ」というお話から始めました。

改正された日本の民法第733条では次のように規定されています。

1.女は、前婚の解消又は取消しの日から起算して百日を経過した後でなければ、再婚をすることができない。

2.前項の規定は、次に掲げる場合には、適用しない。

一 女が前婚の解消又は取消しの時に懐胎していなかった場合

二 女が前婚の解消又は取消しの後に出産した場合

ざっくりというと相談者の場合、「原則として、女性は離婚が成立した日から100日を経過しないと再婚できません。ただし、離婚後に出産した場合や離婚後に妊娠していない場合は離婚が成立した日から100日経過していなくても結婚できますよ」ということです。

結婚するための要件には、日本人のみに適用される法律の規定と日本人と外国人に適用される法律の規定があります。

これは日本の法律で日本人にしか適用されないように思われる方もいますが、外国人の女性にも適用されます。

離婚から100日以内に結婚したい場合

離婚後どうしても100日以内に結婚したい場合、子どもを出産する以外としては妊娠していないことを証明する必要があります。

その証明方法としては、「診断を行った医師が記載した書面」を作成することになります。

この書面の詳細は市区町村役場または法務局でご確認ください。

この書面と一定の書類があれば離婚届けは受理されます。

ただし、注意点としてここに記載したことはあくまで日本の結婚の法律となるので、自分の国の法律で結婚がどうなっているかは確認する必要があることにご留意ください。

あと、離婚して結婚した後に日本に滞在し続ける場合、配偶者ビザ 結婚ビザである日本人の配偶者等の在留資格は変更する必要はありませんが、次回の更新では配偶者ビザ 結婚ビザを新たに申請するときと同様の申請手続きとなることをご留意ください。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする