配偶者ビザ 結婚ビザで配偶者と別居しているときは注意が必要です

配偶者ビザで別居

別居していると必ず不許可になるわけではありません

私はご相談で「別居したら配偶者ビザ 結婚ビザの更新ができないと聞いたのですが本当ですか」と聞かれることがありますが、別居したからといってすべてが不許可になるわけではありません。

そもそも、なぜ不許可になるかというと、日本の民法では「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」と規定されていることが関係しています。

そのため、配偶者ビザ 結婚ビザのような夫婦の身分に基づきビザを許可されている場合、同居していないのであれば夫婦ではないという考え方もできます。

そのため、形式的には夫婦であっても実態を伴わない夫婦はダメなのです。

しかし、別居しているというだけの理由でなんでもかんでも入国管理局が不許可にするわけではありません。

「正当な理由」があれば許可され得ます。

入国管理局を非難する方もいますが、かれらも仕事で決められたことをしているのであって、こちらからしっかりと事情を説明すれば許可され得ます。

逆をいうと、正当な理由がないのであれば不許可になる可能性があるとうことです。

この正当な理由ですが、申請人が証明する必要があることにご注意ください。

当たり前のことですが、申請人が入国管理局に説明するための書類の作成や収集を行わなければ、入国管理局は正当な理由を理解できないので、別居の状況により不許可になります。

申請人のために入国管理局がいろいろな努力をしてくれるわけではありません。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする