配偶者ビザ 結婚ビザを取得するための国際結婚

国際結婚の手続き

国際結婚して日本で生活するためには、ビザ(在留資格)が必要ですが、国際結婚をした外国人配偶者は配偶者ビザ 毛婚ビザと呼ばれている「日本人の配偶者等の在留資格」が取得できる可能性があります。

そのためには、国際結婚をする必要がありますが、この手続きは日本人同士の結婚のように簡単ではありません。

国際結婚は日本と外国人の2国でしなければならないからです。

国際結婚の手続きには「創造的届出」の結婚手続きと「報告的届出」の2つの結婚手続きがあります。

これは簡単に言うと、最初に手続きを行う国の結婚手続きは「創造的届出」、創造的届出が完了した後にもう一方の国で行う結婚手続きを「報告的届出」と言います。

たまに、「どちらから先に結婚すればいいですか?」と聞かれることがありますが、国際結婚はどちらからしても構いません。

ただ、配偶者ビザ 結婚ビザを申請するためには基本的に結婚証明書が必要なのですが、結婚証明書が発行されない国もあるので、外国の国で確認してからどちらの国で最初に結婚手続きをするか確認したほうがよいと思います。

国際結婚をしたからといって配偶者ビザ 結婚ビザを取得できるわけではない

国際結婚が終わると、次は日本で生活するために配偶者ビザ 結婚ビザを取得することになるのですが、ここで注意してほしいのは「国際結婚したからといって配偶者ビザ 結婚ビザを取得できるわけではない」ということです。

なぜかというと、「偽装結婚」「日本での生活困難」などの場合は、日本に不利益となる可能性があるため、入国管理局は不許可とします。

どのような場合に不許可になる可能性があるかはビザの申請で注意することをご覧ください。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする