配偶者ビザ 結婚ビザの身元保証書について

身元保証書とは

配偶者ビザ 結婚ビザと呼ばれている日本人の配偶者等の在留資格を取得するためには、入国管理局で申請しますが、この場合の必要書類には身元保証書があります。

たまにこの身元保証人についてご質問されることがありますが、ここでいう保証人とは一般的に知られている民法上の保証人とは異なります。

民法上の保証人は、例えば、借金の保証人となって、お金を借りた人が借金を返せなくなると、保証人には借金の返済義務が発生します。

しかし、入管法上の保証人とは、道義的責任に留まるので法的な義務がありません。

つまり、法的義務の範囲が異なるのです。

「それならいくらでも大丈夫」と勘違いする人がいるかもしれませんが、ちょっとまってください。

当たり前のことですが、身元保証人の責任が履行されない場合は、次回身元保証人となる場合、不利益になることがあります。

例えば、1度目の国際結婚で身元保証人となっていたが何もやらずに、2度目の国際結婚で身元保証人になるような場合は注意が必要です。

あなたに信用度がなければ、入国管理局はビザを不許可にする可能性があります。

また、道義的責任に留まるといっても、配偶者ビザ 結婚ビザを取得するにあたって嘘の書類を作ったり、犯罪を犯したり、法令順守を怠っている場合は、身元保証人となっている方にも不利益になる可能性があります。

身元保証人には道義的責任しかないと思わず、なるからにはしっかりと考えてから身元保証書を作成してください。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする