日本に外国人を呼ぶための在留資格認定証明書と配偶者ビザ 結婚ビザ

外国人配偶者を日本に呼ぶための在留資格認定証明書

外国人と日本人が国際結婚をした場合、「どこで生活するのか?」という問題があります。

もし、外国人配偶者の国で生活するのであれば、その国の法律に従い日本人配偶者がビザを取得することになります。

日本で生活する場合には、ほとんどの外国人配偶者が配偶者ビザ 結婚ビザと呼ばれている日本人の配偶者等の在留資格を取得して生活することになります。

外国に住んでいる外国人配偶者が配偶者ビザ 結婚ビザを取得して来日したい場合は、一般的には入国管理局で「在留資格認定証明書交付申請」を行い、外国人配偶者を日本に呼び寄せることになります。

在留資格認定証明書を取得するまでの流れ

外国から外国人配偶者を呼び寄せるには、先ほども述べたように入国管理局で在留資格認定証明書交付申請を行うのが一般的です。

では、この在留資格認定証明書を取得するまでの大まかな流れをご説明したいと思います。

  1. まず、配偶者ビザ 結婚ビザが取得できるか調べてみる。詳しくは配偶者ビザ 結婚ビザの要件をご覧ください。
  2. 外国人配偶者の国の結婚証明書を取得する(例外として結婚証明書が不要な場合がありますが、基本的には結婚証明書が必要です)。この証明書は国によっては発行されるまで時間が掛かるので、早めに手続きをすることをおすすめします。
  3. 「出会ってから婚姻までの経緯」を文章にする。質問書の書類にはこれを書かなければならないので、しっかりと書いてください。とても重要な項目の一つです。
  4. その他の必要書類を作成する。個々のご事情により追加で「理由書」「事情説明書」などの書類を作成して入国管理局に説明したほうがよい場合があるので、そのような場合は追加書類を作成します。
  5. 外国と日本で書類などを集める。「戸籍謄本」「住民税の課税証明書」「写真」などを集めます。
  6. すべての書類が集まったら、住所地を管轄する入国管理局で在留資格認定証明書交付申請を行います。
  7. おおよそ1ヶ月~3ヶ月で申請の結果がでます。
  8. 交付される場合は封筒で在留資格認定証明書が郵送されます。不交付の場合は封筒で不交付の書面が郵送されます。

心配事があるとき

私が配偶者ビザ 結婚ビザでご相談を受ける方の約9割くらいは何かしらの心配事があって相談してくる方です。

残りの1割は「手続きのために入国管理局で何時間も待ったり、書類を作るのが面倒」というような方です。

もし、心配事を一人でずっと悩むくらいなら、勇気を出して専門家に電話をしてみてください。

ひとりで心配事を悩んでいる時間を使えば、心配事が解決する可能性があります。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする