日本の配偶者ビザ 結婚ビザを取得する方法

配偶者ビザ 結婚ビザを取得する方法

大きく分けると2種類あります

日本人が外国人と結婚すると、その外国人は配偶者ビザ 結婚ビザである日本人の配偶者の在留資格というビザが取得して日本で生活することができます。

ちなみに当然のことですが、単に結婚したからといって取得できるわけではなく、日本国の不利益となる場合や偽装結婚などの一定の場合は、たとえ結婚しても不許可になります。

さて、この配偶者ビザ 結婚ビザですが、取得するための手続きは大きく分けると2つあります。

在留資格認定証明書交付申請

この手続きは、まだ日本に入国していない外国人配偶者を、日本に呼び寄せる手続きです。

例えば、旅行した先で外国人と知り合い、その外国人と付き合った後に結婚して、いっしょに日本で生活することにした場合です。

在留資格変更許可申請

この手続きは、何かしらのビザを持っており、そのビザから配偶者ビザ結婚ビザに変更するための手続きです。

例えば、留学のビザを取得して日本の学校に通っている外国人が、日本人と知り合って結婚したような場合です。

申請するときに気をつけること

申請するときに気をつけたほうがよいことがいくつかあります。

1つ目は、「結婚していること」です。

当然のことながら、配偶者ビザ結婚ビザは「結婚していること」が最低要件です。

この結婚は、日本の市役所だけで婚姻手続きをすればよいわけではありません。

外国人配偶者の本国でも婚姻手続きをしなければならないことに注意してください。

2つ目は、「入国管理局に疑われないこと」です。

どういうことかというと、昔からですが偽装結婚が多く、入国管理局は目を光らせています。

そのため、「過去に逮捕歴がある」とか「出会いが出会い系サイト」とか「外国人と離婚歴がある」などの場合、しっかりと書類の作成と収集を行わないとビザが認められない可能性があります。

3つ目は、「日本で生活できるのか」です。

「収入が少ない」とか「税金の滞納がある」など、日本で生活することに疑問がある場合には、ビザが認められない可能性があります。

その他にもいろいろあるのですが、以上の3つは特に気を付けることです。

ビザを取得できるかできないかは将来を左右するとても大切なことです。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする