配偶者ビザ 結婚ビザと生活保護

生活保護を受給しているが、配偶者ビザ 結婚ビザを取得できるのか

立て続けに3件も生活保護を受給している日本人の方から「外国人と結婚したい。配偶者ビザ 結婚ビザを取りたい。」というご相談がありました。

なぜ3件も立て続けに相談があったのかはわかりませんが、結論から言うと、「配偶者ビザ 結婚ビザが許可されるのはかなり困難」と思われます。

入管法によると、「貧困者、放浪者等で生活上国又は地方公共団体の負担となるおそれのある者は入国を拒否することができる」と書かれています。

つまり、生活保護を受けている状態では、日本で生活するためには、外国人配偶者も生活保護を受ける可能性があり、日本国の負担となるから、配偶者ビザ 結婚ビザは認められないのです。

その他にも入管法には、在留資格の変更及び更新は、法務大臣が適当と認めるに足りる相当の理由があるときに限り許可するとしていて、この判断に当たってはいろいろあるのですが、その中のひとつに「独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること」があります。

これの意味は、「日常生活において公共の負担となっておらず、かつ、その有する資産又は技能等から見て将来において安定した生活が見込まれること」ということです(ただし、人道上の配慮が必要と認められた場合は別です)。

これらの理由により基本的にはビザは認められないのですが、どうしても申請したい場合は、個人で申請しても許可されるのは難しいので、専門家にご相談したほうがよいです。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする