国際結婚をしたので名字を変更したい

名前の変更

日本人同士が結婚した場合、現在の法律上、名字をどちらかに統一しなければなりません。

以前、夫婦別姓が問題になりましたが、いまだに法律の改正はなされていないので、外国のように別姓にすることはできません。

しかし、国際結婚をした場合には、何も手続きをしなければ夫婦別姓になります。

夫婦別姓にしたい方にはとてもうれしいことですが、もし「夫婦同姓にしたい!」と考えている方は手続きをする必要があります。

名前の変更方法は、原則として婚姻の日から6ヶ月以内なら、市区町村役場で氏変更届を行います。

なお、外国人配偶者の名字の変更したい場合は、日本ではなく本国の法律が適用されるので、本国の大使館や市役所などに手続きを調べることになります。

名字によっては家庭裁判所の許可が必要です

名字は原則として、婚姻の日から6ヶ月以内なら市区町村役場で行うことができますが例外もあります。

ただし以下のような場合は家庭裁判所に申し立てを行い認められなければなりません。

  1. 婚姻した日から6ヶ月を経過した場合
  2. 複合性を希望している場合

複合性(ダブルネーム)とは

複合性とは自分の名前に外国人配偶者の姓と日本人配偶者の姓を組み込む名前です。

例えば、「田中花子」さんと「ジェイコブ・ブレット・スミス」さんが結婚して名前を変更する場合。

「スミス花子」に変更するのは原則として市区町村役場で可能です。

しかし、「スミス田中花子」に変更しようとする場合、複合性になるので家庭裁判所で認められなければなりません。

ただし、家庭裁判所に申し立てをすれば必ず認められるわけではないことにご留意ください。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする