なぜ配偶者ビザ 結婚ビザは収入が少ないといけないのか?

収入が少ないが配偶者ビザを取得した

収入が少ないと配偶者ビザ 結婚ビザが厳しい理由

よく配偶者ビザ 結婚ビザは「収入が少ないと不許可になる」と言われることがあります。

これは間違いです。

なぜかというと、現状私は収入が少ない状態でも配偶者ビザ 結婚ビザを取得したことがあります。

ただし、何かしらの理由がなければ、不許可になることには注意が必要です。

ところで、なぜ収入が少ないと不許可になると言われているのでしょうか?

まず、収入が少ないと言うことは、入国管理局からしてみれば「これから夫婦で日本で生活していけるの?」と考えます。

日本で生活することができなければ、そもそも配偶者ビザ 結婚ビザは必要ないですよね。

仮に生活できない場合、生活保護を受給することになるかもしれません。

そうなると、日本国民の税金が外国人のために使われることになるのですが、現状、生活保護は社会問題となっており、日本国民だけでも相当な税金が使われております。

つまり、外国人のために税金である生活保護を使用することは、日本国としては避けたいことなのです。

さらに、お金に困ると「税金の滞納」「犯罪を犯す」などのことは、起きる可能性があります。

だから、収入が少ないと不許可になると言われていたり、実際に不許可になっているのです。

では、収入が少ない場合はどうすればいいのでしょうか?

それは「収入が少なくても生活していけることを証明」すればいいのです。

例えば、就職先を見つけたり実家で生活するというようなことを書類の作成と収集をして、入国管理局に説明します。

入国管理局にしても、何も意地悪で不許可にしているわけではなく、「日本国の迷惑」にならないとわかれば許可してくれます。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする