結婚と配偶者ビザ 結婚ビザが取得できるかは別問題です

結婚と配偶者ビザ 結婚ビザ

結婚すれば配偶者ビザ 結婚ビザを取得できるとは限りません

以前、「税金を滞納していますが結婚できますか?」とご相談されたことがあります。

たまに誤解されている方もいますが、結婚は2国間の法律で要件を満たしていればすることができます。

例えば、日本人の場合は日本の結婚要件である「男性は18歳以上、女性は16歳以上」「重婚ではない」「未成年者は親の同意が必要」等と、外国人の国の結婚要件となります。

外国人は、外国人の国の結婚要件と日本の結婚要件である、「重婚ではない」「再婚禁止期間を経過している」等を満たす必要があります。

これらの要件をお互いの国で満たせば結婚することはできます。

なお、結婚の手続きは日本と配偶者となる外国人の国の2国で行わなければならす、手続きについては「日本の市区町村役場」と「外国人の大使館」などで確認することになります。

これで国際結婚は完了することになるのですが、次にどこに住むかの問題があります。

外国人配偶者の国に住むのであれば、大使館等でビザの確認をすることになります。

日本に住むということになると、日本で住むためにビザが必要になるのですが、日本人と結婚した外国人は、配偶者ビザ 結婚ビザと呼ばれている「日本人の配偶者等の在留資格」に該当します。

しかし、これは結婚したからといって取得できるものではなく、その他の要件も満たさなければなりません。

つまり、「結婚することと配偶者ビザ 結婚ビザを取得して日本で生活することは別問題」ということになるので、これには注意が必要です。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする