結婚ビザ 配偶者ビザを取得した外国人の子どもを養子にする

養子にしてもビザは取れないときがある

日本人が外国人と結婚すると、基本的には結婚ビザ 配偶者ビザを取得して日本で生活しますが、その結婚した外国人が過去に結婚しており、子どもがいるときがあります。

私はご相談で、「外国人の奥さんの子どもを呼びたいから養子にしたい」と聞かれることがあるのですが、そのときに、まずお伝えしていることは「養子にしたからといって、子どもが日本に来れるとは限らない」ことです。

養子についてご相談をする人のなかには、「養子にすれば日本に来れる」と思っている方がいます。

日本で生活するためには、特別な人物でもない限りビザ(在留資格)が必要ですが、外国人を日本人が養子にしてビザをもらえる場合は「6歳未満」です。

その他にも要件はありますが、とにかく養子としてビザをもらうには、養子になる子どもが6歳未満でないとたとえ入国管理局に申請しても不許可になります。

養子にしなくても子どもを呼ぶ方法

では、他に子どもを呼ぶ方法はないかと検討することになりますが、この場合は、定住者のビザで呼び寄せることができます。

こちらの方法では、わざわざ養子縁組をする必要がありません。

ただし、子どもだと誰でも呼べるというわけではなく、外国人の子ども(連れ子)は「扶養を受けている」「未成年」「未婚」「実子」という要件をクリアーしていなければなりません。

なお、要件では未成年となっていますが、実務上では12歳以上の場合は年齢が上がるにつれてどんどん許可される可能性が低くなることに注意が必要です。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする