外国人が日本人と離婚した後のビザはどうするのか

ビザ(在留資格)はどうするのか?

日本人と結婚している外国人は、結婚ビザ 配偶者ビザと言われていることがある日本人の配偶者等の在留資格を取得して日本で生活している人が多いです。

では、この外国人が日本人と離婚した場合、ビザはどうなってしまうのでしょうか?

当然のことですが、結婚ビザ  配偶者ビザは次回の更新では要件を満たさず不許可になるので、このままでは日本で生活することはできなくなります。

日本で生活したい場合には、他のビザを取得するか再婚するしかありません(どのようなビザがあるかわからない場合はビザの種類をご覧ください)。

ビザの種類はいろいろあるのですが、他のビザに変更できる要件を満たしている外国人の方はほとんどおらず、そのような場合は離婚ビザとも呼ばれている定住者の在留資格を検討することになります。

離婚ビザを取得するためには

離婚ビザを取得するために必ず必要なことは「仕事先があり、一定の収入がある」ことです。

一定の収入とは、日本で生活していけるだけの収入であり、おおよそですが、一人だと18万円くらい、自分+子ども1人では20万円くらいです。

とにかく仕事先がない場合、離婚ビザを取得するのは難しくなると思われます。

しかし、そうはいっても、日本人配偶者の収入に頼って生活していた外国人の方にとっては仕事を探すのは簡単なことではありません。

このように、仕事先がない場合は「この先どうやって日本で生活していくのか」をしっかりと書類の作成・収集を行い、入国管理局に説明しなければなりません。

詳しく離婚ビザの要件を知りたい場合は、離婚ビザの一般的な要件も参考にしてください。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする