結婚ビザ 配偶者ビザに必要な結婚証明書について

結婚証明書

必ず結婚証明書が必要なわけではありません

結婚ビザ 配偶者ビザとなる日本人の配偶者等の在留資格の必要書類の中に「申請人の国の機関から発行された結婚証明書」があります。

これは必ず必要なわけではなく、例えば法務省のホームページでも書かかれているように、「申請人が韓国籍等で戸籍謄本が発行される場合には、お二方の婚姻が記載された外国機関発行の戸籍謄本」があればこれで代用することができます。

ところで、国際結婚についてですが、国際結婚は日本と外国人配偶者の国の2国で結婚手続きをする必要があります。

しかし、国によっては、最初に日本で結婚手続きを行うと外国人配偶者の国では結婚手続きが不要という場合があります。

そして、「最初で日本で結婚すると結婚証明書はありません」という国もあります。

このような場合、結婚証明書が発行されないので入国管理局に提出することができません。

ではこのような場合はどうすればいいのでしょうか?

このような場合は結婚した事実がわかるものがある場合はそれを提出して、さらに理由書や事情説明書などを作って入国管理局に書類でご事情をしっかりと説明しましょう。

余談ですが、国際結婚は日本人同士の結婚と異なり手続きが簡単ではありません。

どちらの国の結婚を最初にするかでも手続きは異なるのですが、共通して言えるのは、外国人配偶者の国からもいろいろな書類が必要になります。

国によってはこの書類を集めるだけで3ヶ月くらい掛かる国もあります。

「国際結婚は時間が掛かる」と思って、結婚ビザ 配偶者ビザの手続きを望んだほうが良いです。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする