技能実習のビザから結婚ビザ 配偶者ビザに変更

技能実習のビザから結婚ビザ 配偶者ビザに変更したい!

最近立て続けに「技能実習で働いている人と結婚したい。結婚ビザ 配偶者ビザに変更できますか?」とご相談されました。

結論から言うと、「不可能ではないが簡単なことではない」です。

結婚することは、配偶者の国の法律要件と自分の国の法律要件(日本の法律では、結婚できる年齢、重婚の禁止、再婚禁止期間などです)を満たせば、原則として当事者双方の合意があればできます。

しかし、ビザを取得することは結婚とは別問題です。

技能実習のビザの目的は「我が国が先進国としての役割を果たしつつ国際社会との調和ある発展を図っていくため、技能、技術又は知識の開発途上国等への移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う人づくりに協力すること」です。

つまり、「外国人が日本で技術などを学び、その学んだ技術などを使って本国で活用」することを目的にしているのです。

そのため、技能実習から何かしらのビザに変更して日本で生活することは本来の趣旨と異なってくるため、基本的には技能実習のビザからの変更は認められないのです。

しかし、絶対認められないわけではないようです。

例えば、「技能実習生と結婚しており、2人の間に子どもがいる場合」「入院により技能実習期間が経過してしまう場合」などでは、認められる可能性があると思われます。

確実に技能実習生と結婚して結婚ビザ 配偶者ビザを取得したいのであれば、技能実習終了後に一度本国に帰り技能を活用した後、日本に呼び寄せる方法となります。

この場合なら、結婚ビザ 配偶者ビザの要件を満たして、しっかりと書類の作成・収集を行えば、日本でいっしょに生活することが可能です。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする