日本の結婚ビザ 配偶者ビザとは?

結婚ビザ 配偶者ビザって何?

よく「日本人と結婚した」から、配偶者ビザとか結婚ビザが欲しいとか言われます。

しかし、本当はこれは間違いで、実際は結婚ビザ 配偶者ビザというものはありません。

日本で言われている結婚ビザ 配偶者ビザ実際の正式名称は「日本人の配偶者等の在留資格」です。

では、どうしてこのような言葉ができたかと言うと、実際のところはわからないので憶測となりますが、まず、在留資格とビザ(査証)が混同して在留資格のことをビザと呼ぶようになったのだと思います。

そして、この日本人の配偶者等の在留資格は、主に日本人と結婚して取得するから結婚ビザと呼ばれるようになったり、日本人と結婚して配偶者となるからとか、もともとの名称の省略して配偶者ビザと呼ばれるようになったのだと思います。

私もブログでは日本人の配偶者等の在留資格とは書かずに結婚ビザ 配偶者ビザと書いています。

理由は認知度です。

説明するとき、「日本人の配偶者等の在留資格」と書くより、「配偶者ビザ」とか「結婚ビザ」と書いたほうが理解してもらえるからです。

在留資格のことも在留資格とは言わずにビザと言って説明しています。

これから先、入国管理局で申請するときは「日本人の配偶者等の在留資格」となることにご留意ください。

なお、以下も参考にしていただければ役に立つと思います。

・必要最低限の書類については結婚ビザ 配偶者ビザの必要書類をご覧ください。

・結婚ビザ 配偶者ビザを取得するための注意点は結婚ビザ 配偶者ビザの注意点をご覧ください。

・偽装結婚と入国管理局に疑われないためには偽装結婚と思われないためにをご覧ください。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする