結婚ビザ 配偶者ビザを取得するためには国際結婚が必要

2国間で国際結婚が必要

たまに、国際結婚をした夫婦が「日本で結婚するだけでいい」と思っている方がいますが、これは間違いです。

外国で婚姻手続きをしておらず日本でしか婚姻手続きをしていない場合、日本の国で日本人は結婚していることになりますが、外国人は本国で未婚のままになっています。

これっておかしなことですよね。

一方の国では身分が既婚者なのに、一方の国では身分が未婚者となっているのです。

このようなこと以外にも、2国間で国際結婚をする理由として、日本で夫婦で生活するためには、結婚ビザ 配偶者ビザを取得して日本で生活すると思われますが、この申請のためには外国人配偶者の国から発行された結婚証明書が必要です。

結婚証明書というのは「結婚しています」という証明なので、このためには結婚しなければならないのです。

だから、外国人配偶者の国で婚姻手続きをしなければならないのです(ただし、日本で最初に結婚をすると本国に婚姻届をする必要がない国もあります)。

ちなみに、日本で結婚していることを証明するのは、日本人配偶者の戸籍謄本を取得したら結婚した旨が記載されているので、これをもって結婚の事実を証明することになります。

創造的届出と報告的届出

国際結婚はどちらの国で先に手続きをするかで届出が異なります。

創造的届出とは「最初に結婚を行った国で行う婚姻届」となり、報告的届出とは「後に行った婚姻届」となります。

例えば、中国で最初に婚姻届を行い次に日本で婚姻届を行った場合、中国で行った婚姻届は創造的届出となり、日本で行った婚姻届は報告的届出となります。

なお、どちらの国で先に届出をしたかで婚姻届に必要な書類は異なるのでご注意ください。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする