結婚ビザ 配偶者ビザを取得した外国人の子どものビザは?

連れ子のビザ

連れ子のビザはどうなるのか?

「ご結婚したお相手には、実は子どもがいた」ということがたまにあります。

このような場合のいわゆる連れ子が外国人配偶者にいた場合はどうすればよいのでしょうか?

このような場合、個々のご事情によって様々であり、「母国である程度育っているのでそのまま祖母に預けて本人は来日する」「日本に一緒に連れてきて本人が育てたい」などが考えられます。

そのなかで、「日本でいっしょに生活したい」という場合、外国人配偶者は結婚ビザ 配偶者ビザを取得して来日するわけですが、連れ子の場合は定住者の在留資格を検討することになります。

しかし、必ずいっしょに生活できるわけではありません。

いくつかの要件があります。

まず、第一に「扶養を受けていること」です。

扶養を受けているということは、当然のことながら連れ子は働いている場合はダメです。

たとえ働いていなくても、年齢が高ければ高いほど入国管理局では「働けるから扶養される必要はない」と思われる可能性があるので注意が必要です(ちなみに未成年でなく成年に達している場合は要件を満たさないので不交付となります)。

次に実子でなければダメです(養子の場合は他の定住者要件となり、そこでは6歳未満とされています)。

その他にも結婚しているとダメとかいろいろあります。

定住者要件には記載されていませんが、その他にも「夫の収入」「税金の滞納」「逮捕歴」など、外国人配偶者や連れ子以外にも、日本人配偶者の状況も審査の大きなポイントになります。

このように要件だけでなく、要件以外のことも審査されることになるので注意が必要です。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする