結婚ビザ 配偶者ビザを取得した外国人の連れ子と養子縁組

養子縁組と在留資格

連れ子と養子縁組をした場合の在留資格

日本人と結婚して結婚ビザ 配偶者日を取得した外国人に連れ子がおり、その子どもと日本人配偶者が養子縁組をすれば日本人の子どもだから、日本でいっしょに生活できるとお考えの方がおられます。

これは、正解でもあり不正解でもあります。

このような場合、養子縁組をすると「定住者」と「日本人の配偶者等」の在留資格が取得できる可能性があるのですが、要件は以下のようになっております。

定住者の場合:日本人配偶者の扶養を受けて生活する6歳未満の養子

日本人の配偶者等の場合:家庭裁判所で特別養子縁組が認められた養子(特別養子縁組は原則として子どもが6歳未満となります)

つまり、原則として連れ子は6歳未満でなければ養子縁組をしたとしても在留資格がないので、これだけでは日本で一緒に生活することはできません。

では、6歳以上の連れ子は日本に呼ぶことができないかというとそうではなく、たとえ養子縁組をしていないくても定住者の在留資格で呼べる可能性があります。

定住者の在留資格には、個々の事情によって要件がそれぞれ異なるのですが、結婚ビザ 配偶者ビザを取得している連れ子の場合、「日本人の外国人配偶者が日本人の配偶者等の在留資格をもって在留しており、この外国人配偶者の扶養を受けて生活する未成年で未婚の実子」という要件を満たせば取得できる可能性があります。

ただし、定住者及び日本人の配偶者等の在留資格に書かれている要件はあくまで最低要件であり、その他にも「収入はあるのか」「税金は滞納していないか」「犯罪歴はないか」なども入国管理局では審査されることになります。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする