結婚ビザ 配偶者ビザでアルバイトをしたい

どんなアルバイトでもできます

結婚ビザ 配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格のことです)を持っている外国人は、日本人と同じようにアルバイトができるので、資格外活動許可をわざわざ入国管理局で申請して取得する必要はありません。

身分に基づく在留資格(永住者、永住者の配偶者等、日本人の配偶者等、定住者)の場合は、どんなアルバイトでもできますし、どんな仕事でも就くことができます。

現状の在留資格の制度では、「風俗関係でお客さんを接客する」「スーパーマーケットでレジ打ちをする」「ゴミ収集車でゴミ回収をする」など、ものすごく多くの仕事が原則として身分に基づく在留資格でないと働けません。

そのため、お金が稼げるから偽装結婚をして、結婚ビザ 配偶者ビザを取得して日本に入国した後に風俗関係で働く外国人がいます。

当然のことながら偽装結婚は違法行為なので止めましょう。

ちなみに、結婚ビザ 配偶者ビザは先ほどから述べているように就労の制限がないので風俗関係でも働くことができますが、次回の在留資格更新許可申請では審査が厳しくなります。

更新の際には、入国管理局に「なぜ一般的な仕事ではなく風俗関係の仕事をしているのか」をしっかりと説明したほうがよいと思います。

最悪の場合、偽装結婚とされ更新が認められず不許可の可能性もあるためです。

私の住んでいる近所でも日本人と結婚した外国人の方がいらっしゃいますが、その方は清掃の仕事をしているそうです。

最初は言葉の壁や文化の違いがありかなり大変だったそうですが、今ではそれなりに慣れて仕事がやりやすくなったそうです。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする