結婚紹介所で知り合い結婚ビザ 配偶者ビザを取得

知り合った場所が結婚紹介所では不許可になることがあります

最近では、インターネットの普及により結婚紹介所のホームページを見かけることができますが、外国人と結婚する場合には注意が必要です。

どのような出会いでも当然のことながら結婚することはできるのですが、在留資格を取得できるかできないかは別問題です。

日本で生活するためには、原則として在留資格が必要であり、一般的に日本人と結婚した外国人は、結婚ビザ 配偶者ビザと呼ばれる『日本人の配偶者等』の在留資格を取得して日本で生活することになります。

なぜ結婚紹介所で知り合い結婚したことに問題があるかというと、偽装結婚と思われる可能性があるためです。

結婚紹介所に登録して日本人と結婚したいと思っている人の中には、「日本で生活したいから」「日本人はお金持ちだから」「日本で働きたいから」といった、本来の結婚生活と目的が異なった外国人がいます。

そのため、結婚紹介所で知り合った外国人と結婚した場合、民法に規定されており結婚ビザ 配偶者ビザを取得するために大切な「夫婦は夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」という夫婦の形を伴っていないのです。

このような人が多いため、入国管理局としても結婚紹介所が関わっていると審査を厳しくせざるを得ないのです。

ところで、結婚紹介所が関係する結婚の場合、外国人と結託して偽装結婚をした人は別ですが、外国人に騙され結果として偽装結婚とならないように注意する必要があります。

実際に私へのご相談で「外国人に騙された」という内容は、結婚紹介所や出会い系サイトが多いです。

結婚紹介所で知り合った外国人と結婚するときは、一旦冷静になって考えたり調べたりすることを強くおすすめします。

そのうえで結婚しても遅くはないと思います。

ちなみに、結婚をやたらと急がせる人は偽装結婚の可能性があるので注意してください。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする