離婚すると結婚ビザ 配偶者ビザはどうなる?

離婚したら結婚ビザ 配偶者ビザの更新はできない

日本人と知り合い国際結婚をして、結婚ビザ 配偶者ビザなどと呼ばれている日本人の配偶者等の在留資格を取得したが、なんらかの理由により離婚した場合、次回の在留期間更新許可申請は不許可となります。

なぜならば、結婚ビザ 配偶者ビザは「日本人と結婚して配偶者という身分」になったから入国管理局は許可したのです。

離婚したらこの身分はなくなるので不許可となります。

そのため、「離婚したけど、引き続き日本で生活したい」と思ったら、他の在留資格に変更したり、日本人と再婚したりする必要があります。

一般的に変更できる可能性がある在留資格としては、「永住者の配偶者等」「定住者」「経営・管理」「技術・人文知識・国際業務」「家族滞在」などではないでしょうか。

この中で特に取得できる可能性がある在留資格としては「定住者」の在留資格ではないでしょうか。

なぜかというと、その他の在留資格では、学歴、実務経験、お金、配偶者など、現状では持っていない可能性があるためです。

しかし、定住者の在留資格でも「日本人と離婚したから変更してください」と言っても当然変更できるわけではなく、いくつかの要件があります。

例えば、日本人との間に生まれた子どもがいて外国人が親権者になっていたり、日本人からDVを受けて離婚した等です。

いずれにしても、もし離婚する可能性があったり離婚しているのであれば、今後日本で生活するための在留資格をどうするかを早急に考えなければなりません。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする