結婚ビザ 配偶者ビザの在留期間が3年にならない

在留期間が3年が欲しい

「今は結婚ビザ 配偶者ビザを持っているんだけど永住者の在留資格に変更したい。だけど在留期間がずっと1年で変更できないから3年にできませんか?」とたまにご相談を受けることがあります。

こういうご相談を受けお話をお聞きしていると、その裏には「偽装結婚をしたので早く永住者の在留資格を取らないとまずい状況になっている」「1年の在留期間が続いているのは、生活状況、収入、犯罪歴などに問題がある」というご事情があることが多いです。

当然、偽装結婚が関わっている可能性があるときはお話はお断りして相手にしません。

お話をお聞きして「本来なら取得できる可能性があるのに、書類が不足しているため3年の在留期間が取得できない」という場合でしたら全力でサポートします。

何回も在留期間更新許可申請をしても在留期間が1年の状態が続いている場合、何かしらの問題があり「とりあえず更新は許可するけど、怪しいから1年で様子を見よう」と入国管理局に思われているのです。

決して入国管理局が意地悪をしているわけではありません。

国管理局に怪しまれずに、「私は3年の在留期間を与えても問題がない外国人です」と説明するためには、申請人が書類の作成と収集を行わなければなりません。

説明責任は申請人側にあるのです。

入国管理局ではそんなことを丁寧にしてくれません。

なお、一般的に結婚ビザ 配偶者ビザの更新は、1年→1年→3年→5年と在留期間が与えられるので、最初に1年が与えられその次に1年が出ても、これはしょうがないと思ったほうがよいと思います。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする