新年から濃い結婚ビザ 配偶者ビザのご相談

2016年の新年を迎え気持ちを新たに頑張って行こうと思っているときに、結婚ビザ 配偶者ビザの更新についてご相談がありました。

お話をお聞きすると、その人は3年前に日本人と結婚して中国から来日したそうです。

今回、本人が結婚ビザ 配偶者ビザを更新できるか気になっていることは「数か月前に警察に逮捕された」ことです。

しかも、「外国人留学生が資格外活動許可の働ける時間を超えて働いていた」とか、「電車で痴漢をした」というようなものではありません。

「嘘の儲け話を持ち掛けてお金を集めて、そのお金で遊んでいた」そうです。

つまり詐欺です。

「このままでは結婚ビザ 配偶者ビザが更新でないからなんとかできないか」と言ってくるのです。

こんな電話が新年からありました。

私は「それはあなたの行為に問題があるので私は協力できません」と言って電話を切りました。

仮にこの外国人が詐欺をしていたとしても、騙されて詐欺をしているようなことがあれば聞く耳も持ちますが、この外国人は自分が詐欺をしていることを自覚しており、さらにそのお金で遊んでいます。

私には、このような人の気持ちは理解できません。

この人はきっといろいろなところに電話を掛けまくって断られ続けており、私のところにも電話をしてきたのだと思います。

私は昔、バックパッカーをしていたこともあり基本的に外国人は好きですが、日本に住んでいるのに日本の法律や慣習等を受け入れず、日本のためにならない外国人は嫌いです。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする