結婚ビザ 配偶者ビザの期間が伸びない

在留期間が3年にならない

結婚ビザ 配偶者ビザに限らず、永住者の在留資格以外では在留期間があります。

在留資格によって在留期間は異なりますが、結婚ビザ 配偶者ビザでは「6月」「1年」「3年」「5年」の4種類が設けられています。

最初に結婚ビザ 配偶者ビザを取得するときは、基本的には1年の在留期間が付与されます。

たまに、最初から3年の在留期間が付与される方もいますが、これは数年に渡り結婚生活の実態があり、日本で生活する安定した収入がある等、何も問題がない場合です。

通常は1年→1年→3年→5年となるので、最初に1年の在留期間となり、次回の更新でも1年の在留期間となっても問題はありません。

問題は、いくら更新しても1年の在留期間の場合です。

このような場合は何かしらの問題があると見てまちがいないです。

例えば、「過去に大きな犯罪をしている」「無職」「税金を滞納している」などが挙げられます。

仮にずっと1年の在留期間となっても不許可になっているわけではないので、とりあえず日本で生活できないという問題はありません。

しかし、何かあったときは在留期間更新の審査が厳しくなったり、最悪の場合は不許可になる可能性があります。

できる限り、問題となっていることを把握して、次回の更新のときにはその問題をクリアーできるように、書類の作成と収集を行ったほうがよいです。

また、将来的に永住者の在留資格を取得しようにも、在留期間が1年では永久に不許可となります。

将来的な安定を求めるなら、原因を追究したほうが良いと思われます。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする