仕事がアルバイトで結婚ビザ 配偶者ビザを取得できるのか

仕事がアルバイト

先日、昭島市に住んでいる日本人の方からご相談がありました。

「私は、来年に中国人と結婚するのですが、私はアルバイトで月8万円しか収入がありません。結婚ビザは大丈夫でしょうか?」

ざっくりというとこのような内容でした。

結婚ビザ 配偶者ビザを取得するためには結婚をすることは絶対条件ですが、これ以外にも要件があります。

この方の場合は「日本で生活していける収入や財産」があるか問題になりますが、正社員でなくアルバイトで、さらに月収が8万しかないという場合は、簡単には認められないと思われます。

このような状態では入国管理局に限らず一般的に考えると、「夫婦が月8万円の収入で生活していくことは無理」と思います。

もしかしたらそのような方がいるかもしれませんが、少なくとも私は聞いたことも見たこともありません。

そう考えると、入国管理局としては、日本人の配偶者等の在留資格を許可した後に生活保護を受けるようなことになり、日本国の負担になると予想されるので許可はしません。

ご相談者の場合ですと、仕事先を探して夫婦で生活できるだけの収入を得たり、親の家で生活したりお金をもらったり親の援助があること等があると良い結果が得られる可能性はあります。

とにかく、重要なことは「日本で生活していけることを入国管理局に書類で主張・立証」することです。

現実を考えると、もし在留資格を取得しても収入が少ない場合は「日本で夫婦で幸せに生活する」という目的は達成することが困難です。

在留資格ばかりに目を向けず、現実的な話を夫婦ですることも大切ではないでしょうか。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする