結婚ビザ 配偶者ビザを持っている者が死亡した場合

外国人配偶者が死亡したとき

外国人配偶者が死亡したとき

以前、「私の夫が万が一死んでしまっても財産はないから大丈夫」と言われましたが、外国人配偶者が死亡したとき相続はどのようになるのでしょうか?

この方は結婚ビザ 配偶者ビザを取得して日本に住んでおり日本人配偶者はいたって健康です。

笑い話でこのようなことを話していたことがありました。

ところで、このような場合どうなるかというと、相続はどこの法律を適用するかの問題がありますが、法の適用に関する通則法(一般的には通則法と言われています)によれば、第三十六条に「相続は、被相続人の本国法による。」と規定されています。

つまり、日本の法律では「外国人は本国の法律で相続をしてください」ということになるのです。

そのため、たとえ外国人配偶者が日本で亡くなっても相続人である日本人配偶者は、「相続人が誰になるのか?」「相続分はどうなるのか?」などの問題が日本の法律とは異なるので注意してください。

ただし、本国の法律に「日本の法律に従う」という内容の規定があれば日本の法律が適用されます。

これは「反致」といいます。

土地・建物などの不動産、預貯金などの名義変更をするときの書類は、当然のことながら一般的な相続手続きとは異なるので、法務局や銀行などの手続きをする機関、専門家にお聞きしてみてはいかがでしょうか。

最後に、特に特別永住者の方は他の在留資格に比べて、ずっと日本に住んでいる方が多く高齢者の割合も多いと思われます。

そのため、他の外国人より相続が日本の法律が適用されないことを知っておいたほうがよいと思います。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする