結婚ビザ 配偶者ビザから離婚ビザに変更

離婚ビザと呼ばれている在留資格(ビザ)をご存知ですか?

日本人と結婚して結婚ビザ 配偶者ビザなどを取得した外国人が、何かしらの理由により、結婚した日本人と離婚したときに取得できる可能性がある在留資格となります。

この在留資格の正式名称は『定住者』となります。

離婚ビザなんてものはないので誤解しないでください。

あくまで離婚ビザという呼び名は、世の中で使われている通称名のようなものです。

この離婚ビザを取得するのは簡単なことではありません。

なぜならば、この離婚ビザは告示されている定住者の在留資格ではなく、「特別な事由があったときに法務大臣が認めてくれる在留資格」で、告示されていない定住者の在留資格だからです。

そのため、「日本人と離婚したから許可される」という在留資格ではなく、日本で生活できるだけのお金や技能、税金の滞納の有無、犯罪歴など、さまざまなことを総合的に判断して許可・不許可が決定されます。

離婚したときに離婚ビザが取得できる可能性が高くなる場合としては、「結婚した日本人との間に子どもがいて、その子どもの親権者が外国人であり、外国人が就職しており安定した収入がある」という場合となります。

では、入国管理局に在留資格変更許可申請をする場合、どのような書類が必要になるのでしょうか。

必要書類は個々の事情により異なるのですが、一般的には、住民票、課税証明書、納税証明書、賃貸借証明書の写し、登記事項証明書、パスポート、在留カード、在職証明書などが必要になります。

わからない場合は入国管理局や専門家にご相談ください。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする