離婚ビザを取得した外国人の子ども

外国人の子どものビザ

離婚ビザ(定住者の在留資格)を取得した外国人は一定の要件を満たせば、その子どもを外国から呼ぶことができます。

なお、日本人の子としてすでに日本人の配偶者等の在留資格を取得している子どもは、外国人親が離婚したとしても在留資格が変更するわけではありません。

定住者告知の6号ロには次のような要件あり、この要件を満たせば外国人の子どもを日本に呼んで一緒に生活することができる可能性があります。

要件はどうなっているのか

告示定住者6号ロでは、次のすべての要件を満たすことは必要となっています。

  1. 外国人の親が定住者のビザで在留期間が1年以上となっていること
  2. 外国人の親が日系関係の外国人でないこと
  3. 子どもが未婚であること
  4. 子どもが未成年であること
  5. 子どもが外国人の親に扶養を受けていること
  6. 子どもが外国人の親の実子であること

告示ではこのようになっていますが、当然のことながらこれらの要件を満たしていたとしても、定住者のビザは取得できるとは限りません。

その他にも入国管理局では、親に「収入はあるのか?」「税金は滞納していないか?」「仕事先はどこか?」などいろいろなことを審査されます。

ようするに、「今まで問題なく日本で住んでおり、これから問題なく日本で生活できるのか」を審査するのです。

もし、日本人と離婚して離婚ビザを取得した後に子どもを日本に呼んで一緒に生活したいという場合には、この定住者告示6号ロを参考にして定住者の在留資格(ビザ)を検討してみてはいかがでしょうか?

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする