結婚ビザ 配偶者ビザに必要な結婚証明書について

結婚証明書

結婚証明書って何?

結婚ビザ 配偶者ビザである日本人等の配偶者の在留資格(ビザ)を取得するためには、入国管理局では結婚証明書を申請書類の一つとして要求しています。

結婚証明書とは、「その国で2人が婚姻したことを証明する書類」となります。

たまに結婚要件具備証明書と混同する人がいますが、こちらは「本国の法律で婚姻することは問題ありませんと証明する書類」となります。

この結婚証明書は国によっては発行していない場合があるのですが、そのときは、そのような理由を書いた理由書や事情説明書や宣誓書などを結婚証明書の代わりに添付して入国管理局に申請することになります。

入国管理局が示している書類が絶対ではなく、国によって事情が異なるので書類がないことは当たり前のことです。

そのため、入国管理局では必要に応じて臨機応変に対応してくれるので、困ったときは確認することが必要です。

なお、当然ですが、入国管理局でもできることとできないことがあります。

そもそも「申請人が許可されるのに問題がない」という説明責任は入国管理局ではなく申請人にあります。

だからこそ、わからない場合は、入国管理局や専門家などに自分から行動して、疑問を解決しなければなりません。

最後に、結婚ビザ 配偶者ビザを申請するときに結婚証明書以外にも戸籍謄本が必要なのですが、これは「結婚証明書で外国側で婚姻が成立していること」と「戸籍謄本で日本側でも婚姻が成立していること」を確認するためです。

国際結婚は2国間で結婚をする必要があります。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする