結婚期間が1年しかない場合でも離婚ビザは許可されるのか?

離婚ビザ

1年でも許可される可能性はあります

外国人が結婚ビザ 配偶者ビザ(日本人の配偶者等の在留資格)を取得した後に、離婚したときは離婚ビザ(定住者の在留資格)を取得できる可能性があります。

しかし、簡単に誰でも取得できるわけではありません。

もともと日本人と結婚したけど離婚した場合に離婚ビザが与えられるのは、入国管理局が「特別な事情」があると見て許可されるのです。

ですので、たとえタイトルのような「結婚期間が1年しかない場合」でも特別な事情があれば許可され得ます。

例えば、「日本人との間に未成年の子どもがいる」というような場合。

この場合は、外国人親が子どもを監護・養育しており、親権者であれば許可される可能性があります。

また例えば、「日本人配偶者にDVされ続けていた」という場合も許可される可能性があります。

これらのように、「日本人側に離婚理由があり別れるしかなかった」「離婚した後も日本に滞在しなければならない理由」があれば許可され得ます。

いずれにしても、絶対条件として「外国人が日本で生活してための経済力に問題ないこと」は必要です。

入国管理局としては、特別な事情があるからと許可したのに、日本で生活していくお金がないから面倒を見てくださいでは困ります。

外国人本人としても、日本で生活するうえでお金がないでは現実的に問題です。

経済力があるのであれば、結婚期間が1年しかないとあきらめるのではなく、入国管理局に離婚ビザを認めてもらえる材料を探しましょう。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする