結婚ビザ 配偶者ビザ以外の在留資格について

在留資格の種類

在留資格は、日本人の配偶者等の在留資格である結婚ビザ 配偶者ビザ以外にもいろいろあります。

大まかですが、どのような在留資格があるかとその該当者についてざっくりとですが以下に記載しておきました。

興味がある方はご覧ください。

外交:大使や領事及び同一の世帯に属する家族の構成員

公用:大使館職員や領事館職員及び同一の世帯に属する家族の構成員

教授:大学の教授

芸術:作曲家や画家

宗教:宣教師や牧師

高度専門職:高度な専門職を持った人

経営・管理:企業の経営者や管理者

法律・会計業務:弁護士や公認会計士

医療:医師、歯科医師、看護師

研究:企業や公的機関の研究者

教育:小学校や中学校などの教師

技術・人文知識・国際業務:デザイナー、翻訳者、プログラマーなど

企業内転勤:親子関係がある企業からの転勤した人

興行:俳優、歌手、プロスポーツ選手

技能:外国料理の調理師、スポーツ指導者、貴金属等の加工職人、ソムリエなど

技能実習:海外から技能を学びに来日した技能実習生

文化活動:日本の文化研究者

短期滞在:観光者、親族訪問者

留学:大学生、短期大学生、高校生

研修:研修生

家族滞在:外国人の配偶者、外国人の子ども

特定活動:家事使用人、ワーキングホリデー、インターンシップ、アマチュアスポーツ選手

永住者:永住者

日本人の配偶者等(結婚ビザ、配偶者ビザ):日本人の配偶者、子ども、特別養子

永住者の配偶者等:永住者の配偶者

定住者:日系3世、日本人と離婚した外国人、連れ子

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする