結婚ビザと配偶者ビザはどのように違うのか?

結婚ビザと配偶者ビザの違い

世の中では結婚ビザとか配偶者ビザとか言われていますが、これらの違いは何でしょうか?

結論から言うと同じです。

結婚ビザも配偶者ビザも同じビザで正式には「日本人の配偶者等」のビザとなります。

日本人と結婚した配偶者の外国人が取得できるビザだからこのような名前で呼ばれるようになったようです。

そのため正式名称である日本人の配偶者等の名前のほうが知名度は低いように感じます。

ちなみに、いろいろなところでビザと書いていますが、これも正式には査証のことであり、在留資格ではありません。

しかし、世の中では、ビザ=査証よりもビザ=在留資格として浸透しているようです。

そのため私も、在留資格と書くよりもビザと書くほうがわかりやすいと思い、在留資格をビザと書いていることがあります。

もう少し詳しくいうと、査証とは「日本に入国できる資格」のようなものであり、在留資格とは「日本に在留することができる資格を類型化したもの」です。

つまり、ざっくりというと「査証で日本に入国することができ、在留資格で日本で生活する」ことになります。

結婚ビザ 配偶者ビザは、取得する要件は「結婚していること」です。

ただし、取得できるかできないかは、入国管理局の裁量が大きいために、現実的にはもっと厳しくなります。

例えば、「日本人配偶者が税金を滞納している」「日本人配偶者が生活保護を受けている」などのような場合は、結婚したからといって結婚ビザ 配偶者ビザは取得できないかもしれません。

スマホの場合
電話番号
メールの場合
メール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする